So-net無料ブログ作成

虫の影 [昆虫日記]

昆虫を夢中で接写していると知らないうちに
その昆虫の影が写り込んでいたり、
またその影がなかなかの趣を
演出してくれたりします。

i 016_R.jpg
カメムシの仲間です。
撮影中はまったく影があるとは
気づきませんでした。
寒くなってくるとロッジ長蔵の中に大挙して
押し寄せてくる困り者です。
カメムシは臭いというイメージがあります。
もちろん実際臭いです。
腹部の中脚と後脚の間に臭いを出す
場所があります。
人間で言うと脇腹の辺りでしょうか。
ただ、全てのカメムシが臭いわけではなく、
中には突っついてもあんまり臭くない者も
います。臭いをほとんど出さないのか
またはその臭いが人間にはあまり感じない
成分なのか、そこのところは良くわかりませんが、
臭くないカメムシなら恐れる必要はありません。
ただ、虫の嫌いな人にとっては
それ以前の問題なのでしょうが。

h 226_R.jpg
カゲロウの仲間です。
ロッジ長蔵近くの夜間の工事現場の
明かりにやってきました。
虫の形は複雑なのに角度によっては
こんな直線的な影になるのだなあと
不思議に感じました。
翅(はね)が透けているので
影まで透けています。これまた妙です。
カゲロウは成虫の期間が長くても数日と
非常に短く、儚いものの
代名詞にもなっています。
幼虫はきれいな川に住んでいるので
カゲロウがいるということはそれだけ
恵まれた環境だといえるのでしょうが、
渓流釣りの人にとっては幼虫も成虫も
岩魚や山女の最高の餌としての
印象が強いのではないでしょうか。

ラストはカミキリムシ二匹の登場です。
個人的にカミキリムシは絵になる昆虫の
№1と思っています。
仮面ライダーのカミキリキッドも
素敵なフォルムでしたし、
あの初代ウルトラマンを倒した
宇宙恐竜ゼットンはゴマダラカミキリが
原型になっていると思われます。
画像 721_R.jpg
まずヒゲナガゴマフカミキリです。
鳩待峠と山の鼻を結ぶ木道で発見です。
それにしても見事ですね。
もう何もいうことはありません。
長い触角の影までしっかりと映っています。
もう、かっこいいの一言です。

j_R.jpg
ムネモンヤツボシカミキリと思われます。
ロッジ長蔵の壁にへばりついていたのを
捕獲しました。
白い紙の上に乗せていろんな角度で
撮影していたら、丁度夕方だったので
素晴らしい影を映し出してくれました。
この写真は私の今年の昆虫ベストショットです。

今シーズンの昆虫少年日記はこれで最後になると
思います。
訪問、誠にありがとうございます。



nice!(0) 

奇妙な形の昆虫たち [昆虫日記]

地球上には数限りない生物が生息していますが、
その中でも昆虫は種類で他を圧倒しています。
そうなると当然面白い形の昆虫も必然的に
現れてきます。

h 080_R.jpg
これはテントウムシの仲間の幼虫と思われます。
真っ白い色で私を見つけてくださいと
言わんばかりです。
この幼虫をじっと見ていて気付きました。
三葉虫に似ているなと。
三葉虫といえば数億年も前に世界中の海に
どっさり生息していた生物です。
三葉虫もたくさんの種類がありますが、
その中にこのテントウムシの幼虫に
よく似た奴がいます。
大きさこそ随分と違いますが、太古の昔の
生物と現在の生物が良く似ているというのも
なんだか不思議な気がします。

c 138_R.jpg
カマキリモドキの仲間です。
ロッジ長蔵に迷い込んできました。
なんとも奇妙です。
大きなカマを持っていて頭も三角形で
そこだけ見るとまるでカマキリです。
しかし弱々しい透明な羽もあります。
カマキリと何か別の昆虫を合体させたかのような容姿です。
分類的にはカゲロウの仲間になります。
なるほど、羽だけ見ればクサカゲロウにそっくりです。
しかしやはりこの大きな鎌があるだけに小型の昆虫を
食べる肉食のようです。

g 962_R.jpg
ワタアブラムシの仲間の幼虫です。
それにしてもやたら小さいです。
私の爪の先端にちょこっと乗っかっています。
この白い物は蝋(ろう)物質のようです。

画像 116_R.jpg
そのワタアブラムシの仲間が成長して
大人になるとこんな感じです。
やはり数ミリと小さいのですが姿だけ見ると
どこか別の星からやって来た生き物にも
見えてきます。

i 017_R.jpg
正直、こんな形の虫を私は始めてみました。
まるでエビのようです。
何かの幼虫だろうとは思ったのですが
皆目検討がつかず群馬昆虫の森で
教えて頂いたところ、ヨコバイの仲間の幼虫とのこと。
ヨコバイといえば、半翅目のセミやカメムシの
グループに属します。
それにしてもヨコバイは日本人にとっては
招かざる昆虫です。
ツマグロヨコバイは稲の大害虫ですし、
ツマグロオオヨコバイもミカンやブドウに
悪さをするようだし・・・。
ヨコバイは不完全変態(蛹の過程がない)
です。不完全変態の昆虫は成虫と幼虫の
形が似ていると言われています。
例えばバッタやカメムシなどですが、
このヨコバイの幼虫はお世辞にも
成虫と似ているとは思えません。
ではどんなヨコバイなのだろうと
ネットで調べてみたらいました。
ブチミャクヨコバイ亜科の幼虫が
どうやらエビ系であるとのこと。
写真も良く似たものがありました。
それにしてもやっぱり写真だけ見ると
エビですよね。
なんだかとても美味しそうな色もしているし。
世の中、私の知らない形の虫が
まだまだたくさんいそうです。

nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。