So-net無料ブログ作成

メタリックな奴ら [昆虫日記]

昆虫の世界には、なんでここまでするの?
という奴らがいろいろいます。
体の色が必要以上にキラキラするのも
そのひとつです。
何か意味があるのかなと思ったりもしますが、
案外意味なんか何にも無いのかもしれません。
ただキラキラしたいから。
虫にとってはそれで十分だし、見ているこちらも
綺麗なだけで十分です。

i_R.jpg
アオハムシダマシと思われます。
第二長蔵小屋の前で撮影しました。
ハムシに似ているハムシダマシいう
虫がいて、その虫の仲間なので
アオハムシダマシという名前が付いたのではないかと
推測していますが、当の本人は騙すつもりなど
まったく無いわけであり、「だます」などという
名前には大いに異議を唱えたいのではないでしょうか。

i 018_R.jpg
アカガネサルハムシです。
こちらはれっきとしたハムシです。
図鑑でしか見たことが無く、こんな綺麗なハムシを
いつか見てみたいものだと思っていたら、
運良く今年実物を見つけることが出来ました。
ロッジ長蔵の駐車場横の草むらです。
こんな近くにいたとは、まだまだ観察力が足りないなと
痛感させられました。

i 021_R.jpg
ドロハマキチョッキリだと思われます。
形を見てなんとなくわかる方もいるでしょうが、
オトシブミの仲間です。
ただオトシブミのように葉を切って
巻いていくのではなく、枝に切れ目を入れて
葉っぱをしおれさせてから巻くらしいです。
(私はまだその現場を見たことがありません)
枝をチョッキリと切るのでチョッキリという名が
付いたようです。
こちらの名前は生態がわかり、表現にも
面白味があって個人的には大好きです。
尚、チョッキリの仲間には
ブドウハマキチョッキリ、モモチョッキリ
なんて名前の虫もいます。
チョッキリはなかなかグルメです。

i 024_R.jpg
ハエの仲間です。名前はわかりませんが
そんなことはこの際どうでもいい凄さです。
ウルトラアップでの撮影です。
これまで何度もこのハエを撮影していましたが、
よく動くし、大きさも5ミリにも未たず、
なかなかちゃんとピントの合った写真が
撮れませんでしたが、今年やっといいのが
撮影できて大満足です。
そしてその姿をちゃんと確認してびっくり・・・。
見事にメタリックでキンキラキン。
しかも体は筋肉隆々のマッチョだったとは・・・・・。
シュワルツェネッガーも真っ青です。
nice!(0) 

クワガタムシ~昆虫一かっこいい奴 [昆虫日記]

9月になり昆虫の姿もずいぶん少なくなってきました。
これからは今年紹介できなかった昆虫達も
登場してもらおうと思っています。

クワガタムシは虫好きの男ならいくつになっても
憧れの昆虫です。
今年もロッジ長蔵の明かりなどに集まってくれました。

k 002_R.jpg
これは多分コクワガタのオスだと思います。
中にはクワガタのメスなんじゃないの? と
思われる方がいるかもしれませんが
オスなのは確かです。
それほどに大あごが小さいです。
クワガタムシの大きさやあごの形は幼虫時代の
栄養の状態によって変わります。
私もこれまでに数多くのコクワガタを見てきましたが
これほど小さいコクワガタを見たことはありません。
図鑑や昆虫の森の標本やロッジ長蔵の周囲で
これまでに捕まえたクワガタの種類から想定して
コクワガタだと思っていますが・・・・
それにしても本当に小さいですよ。
普通のメスより圧倒的に小さいですから。

k 001_R.jpg
これはアカアシクワガタのメスです。
このクワガタ、ロッジ長蔵に来るまで
私は見たことがありませんでした。
その名の通り体をひっくり返すと赤いのが特徴です。
以前はよくロッジ長蔵の周囲で見ることが出来た
クワガタですが最近はめっきり減ってきた
のかもしれません。今年はメスを2匹
見つけただけでした。

k 003_R.jpg
見事なミヤマクワガタです。
私が個人的に一番好きなクワガタです。
大あごが素晴らしいです。大きさも6センチ
以上ありました。北海道には7センチ以上の
ミヤマクワガタもいるようですが、
この辺りではこのミヤマは相当大きい部類に
入ると思います。
もう一匹5センチほどのミヤマのオスも
捕まえましたが喧嘩ではまったく歯が立ちませんでした。
去年は一匹もオスのミヤマを捕まえることが
出来なかったので今年はとてもいい年でした。

k 004_R.jpg
クワガタの大きな特徴は大あごなのですが
私はなぜか触角が気になります。
皆さんはあまり気づいていないかもしれませんが
とにかく大きいです。
これはミヤマのオス触角ですが他の種類の
クワガタもほとんどが大きいです。
(1枚目の極小コクワの写真では触角が
小さく見えますが、これは私が手に取って
警戒した為に触角を畳んでいるだけで
ちゃんと伸ばせば長いです。)
この触角をじっと見ていると私は、街角で
たまに見かける若い女性の自己主張が
強すぎるほどのどでかい付けまつ毛を
思い出してしまいます。

nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。