So-net無料ブログ作成

ホタルとのひととき [昆虫日記]

7月16、17、18日の三日間、

尾瀬ヶ原の第二長蔵小屋へ仕事の手伝いに行ってきました。

お蔭様で16、17日の両日とも満館の大盛況でした。

仕事が終り、久しぶりにホタルを見ました。

乱舞するとまではいきませんが、それでもあちらこちらで

その存在を確認できました。

h 003_R.jpg
第二長蔵小屋から山の鼻へ向かって歩き始めると、
すぐにホタルに出逢えます。
私が8時過ぎに行った時には既にたくさんのお客様が
見にこられていて、「おーっ」 「うわー」 「きれい」 
等の声を上げながらナイトショーを楽しんでおられました。
小学生がご両親に、「うれしい、来てよかった」と
話していたのが印象的でした。

h 004_R.jpg

木道を横切るホタルが偶然女性の腕に舞い降りたので
撮影させていただきました。
懐中電灯を照らしてホタルの大きさを確認すると
ゲンジボタルよりずっと小さくて1センチあるかないかです。
図鑑で調べてみると頭の色からヘイケボタルかもしれません。

h 008_R.jpg
私がホタルを確認できたのは木道沿いのおそらく
30メートルぐらいの範囲だったでしょうか。
ほんわりほのかに点滅しながら舞う姿を
じーっと見つめていると
男の私ですら思わずロマンチックに浸ってしまいました。
このホタル、いつまで楽しませてくれるか不明ですが、
この時期、第二長蔵小屋に泊まって
見逃してしまうのはあまりにももったいないですよ。
尚、お出かけの際は足元が暗いので
懐中電灯はお忘れなきように。
nice!(0) 

隠れ身の術2 [昆虫日記]

h 086_R.jpg
ロッジ長蔵からスキー場へ続く道でキリギリスの仲間の幼虫を葉っぱの上で発見。

見えますでしょうか?

アップにしてみましょう。

h 092_R.jpg

あくまでもバッタではなくキリギリスの仲間です。

じゃあ、どこが違うんだ?ということですが、

つまり触角の長さが違います。

バッタは短く、キリギリスは長いということです。

仮面ライダーはバッタの改造人間ということになっていますが、

顔からちょんちょんと生えているひげ(触覚)は確かに短いです。

長ければキリギリスやコオロギになってしまいますからね。

もちろんバッタとキリギリスは親戚関係にあり、

漢字をどっさり使って分類すると

動物界節足動物門昆虫綱バッタ目のバッタ科とキリギリス科
ということになるはずです。

間違ってたらごめんなさい。

それにしてもバッタ科という表現がなんだか高校の普通科、商業科などと

同じように感じてしまうのは私だけでしょうか?

h 153_R.jpg

セミが隠れていますが判りますか? アップにしてみましょう。

h 154_R.jpg

いかがでしょう。

エゾハルゼミのメスです。

以前このブログで紹介したオスと見比べてもらうとお腹の色と形が違います。

大きさもひとまわり小さいです。

それにしても見事に木に溶け込んでいます。

メスは鳴きませんし動かなければまず私には発見できませんでした。

現在、ほとんどエゾハルゼミはいなくなりニイニイゼミが鳴き始めました。

またしても仮面ライダーの話になりますが、セミの怪人セミミンガというのが出てきます。

殺人音波で街中を大混乱させるという話でしたが、

実際、大量のセミに間近で鳴かれたら精神的にもかなりのダメージですよね。

特に私にはアブラゼミとクマゼミが手強い気がします。

幸いロッジの近くではほとんどアブラゼミの声を聞きませんし、

クマゼミは寒さに弱いセミといわれているので、

標高1000メートルのこの辺りには生息していないと思われます。

いずれにしろセミにはほどほどに鳴いてもらいたいものです。

nice!(0) 

ゾウムシ [昆虫日記]

ゾウムシは見た目はとても地味な昆虫ですが、
日本に約1000種類いるとても大きなグループです。

g 1004_R.jpg
当然1000種類もいれば色や形の似ているものも多くて
クワガタムシのようにこれはノコギリ、これはミヤマと
簡単に名前を特定することが難しいものも少なくありません。

g 761_R.jpg
名前の通り頭の部分が象の鼻のように伸びているのでゾウムシという
名前が付いています(口は長く延びた先端にある)が、
あまり長く伸びていないものもいます。ちょっと変ですね。
まあ、昆虫なのでなんでもありです。

g 763_R.jpg
図鑑やネットで大きさを調べるとわずか2、3ミリから3センチくらいまで様々です。
もっと小さなものもいるかもしれません。
長さが10倍変われば体積は1000倍違います。
小さいゾウムシからは大きなゾウムシは見上げるばかりの姿をしている
ということでしょうか。

h 057_R.jpg
食生活は成虫も幼虫も植物の根、茎、葉、花、果実などを食べますが
種類によって食べる部分が決まっています。農作物やイチゴ、バラなどを
食べる困ったやつもいます。意外とこだわりのあるグルメなのでしょうか。
卵は普通、メスが植物に穴を開けてその中に産みます。

h 055_R.jpg
危険を感じると体や脚を縮めて地面に落ちて死んだまねをします。
本当にまったく動きません。かなり長い間動かないのもいます。
ゾウムシは体がとても硬いのですがその硬さをさらに特化させ、
鳥が食べても消化できないので、食べないように進化させたものも
いるようで、地味ながらもなかなか凄い昆虫です。



nice!(0) 

オオセンチコガネ [昆虫日記]

私の大好きな昆虫の登場です。
個人的には番付でいうと関脇ぐらいの格付けでしょうか。

吉武昆虫尾瀬ヶ原1 053_R.jpg
ロッジ長蔵の近くの古仲の林道で
これまで2回ほど見かけましたが、
いずれもあまり元気の無い個体でした。
ところが今回は元気百倍、色艶も申し分なく
しかも私を撮影してくださいと言わんばかりに
葉っぱの上にいましたので、喜び勇んで撮影しました。

吉武昆虫尾瀬ヶ原1 055_R.jpg
大きさは2センチくらいでしょうか。
皆さんもなんとなく知っているかもしれませんが、
センチコガネの仲間は糞虫と呼ばれ、その名の通り
動物のフンや死んだ小動物、ミミズなどを食べています。
そして幼虫もフンを食べます。
食生活はなんだがいまいちですが、
その金属の光沢はなんともいい難い魅力があり
虫好きの中にはファンも少なくないようです。
センチとは長さのセンチではなく、便所を意味する
雪隠(せっちん)が訛ったものだそうです。

吉武昆虫尾瀬ヶ原1 054_R.jpg
ロッジ長蔵の周囲には牧場はなく、
おそらくオオセンチコガネは鹿やタヌキ、イタチなどの
フンを幼虫の餌として利用していると思われます。
メスはフンを土の中の巣穴に持って行って卵を産みます。
牛や馬のような大きなフンがないので、
この辺りのオオセンチコガネは何かと餌集めが
大変なのではないでしょうか。
尚、この美しい色は地域によって変異があり、
場所によっては鮮やかな藍色、緑色があり、
ルリセンチコガネ、ミドリセンチコガネとも呼ばれています。
残念ながら私はこれらを写真でしか見たことがありません。
いつか実際にこの目で見てみたいものだと思っています。

nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。