So-net無料ブログ作成

メタリックな奴ら [昆虫日記]

昆虫の世界には、なんでここまでするの?
という奴らがいろいろいます。
体の色が必要以上にキラキラするのも
そのひとつです。
何か意味があるのかなと思ったりもしますが、
案外意味なんか何にも無いのかもしれません。
ただキラキラしたいから。
虫にとってはそれで十分だし、見ているこちらも
綺麗なだけで十分です。

i_R.jpg
アオハムシダマシと思われます。
第二長蔵小屋の前で撮影しました。
ハムシに似ているハムシダマシいう
虫がいて、その虫の仲間なので
アオハムシダマシという名前が付いたのではないかと
推測していますが、当の本人は騙すつもりなど
まったく無いわけであり、「だます」などという
名前には大いに異議を唱えたいのではないでしょうか。

i 018_R.jpg
アカガネサルハムシです。
こちらはれっきとしたハムシです。
図鑑でしか見たことが無く、こんな綺麗なハムシを
いつか見てみたいものだと思っていたら、
運良く今年実物を見つけることが出来ました。
ロッジ長蔵の駐車場横の草むらです。
こんな近くにいたとは、まだまだ観察力が足りないなと
痛感させられました。

i 021_R.jpg
ドロハマキチョッキリだと思われます。
形を見てなんとなくわかる方もいるでしょうが、
オトシブミの仲間です。
ただオトシブミのように葉を切って
巻いていくのではなく、枝に切れ目を入れて
葉っぱをしおれさせてから巻くらしいです。
(私はまだその現場を見たことがありません)
枝をチョッキリと切るのでチョッキリという名が
付いたようです。
こちらの名前は生態がわかり、表現にも
面白味があって個人的には大好きです。
尚、チョッキリの仲間には
ブドウハマキチョッキリ、モモチョッキリ
なんて名前の虫もいます。
チョッキリはなかなかグルメです。

i 024_R.jpg
ハエの仲間です。名前はわかりませんが
そんなことはこの際どうでもいい凄さです。
ウルトラアップでの撮影です。
これまで何度もこのハエを撮影していましたが、
よく動くし、大きさも5ミリにも未たず、
なかなかちゃんとピントの合った写真が
撮れませんでしたが、今年やっといいのが
撮影できて大満足です。
そしてその姿をちゃんと確認してびっくり・・・。
見事にメタリックでキンキラキン。
しかも体は筋肉隆々のマッチョだったとは・・・・・。
シュワルツェネッガーも真っ青です。
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。