So-net無料ブログ作成

ハッチョウトンボ~日本最少 [昆虫日記]

子供の頃、このトンボの写真を見て、
「こんなに小さいトンボが本当にいるのだろうか?」
と疑問に思っていたのですが、実際に見つけた時、
想像していたよりもさらに小さくて
「おおっ!」と驚いたのを今でも覚えています。
それほどに印象深いトンボです。

h 003_R.jpg
ハッチョウトンボはロッジ長蔵の近くでは
尾瀬ヶ原に生息しています。
ただし尾瀬ヶ原のどこにでもいるという
わけではありません。
草丈の伸びた所や、イトトンボがいる
池塘(高山の湿原や泥炭地にある池沼)にも
いなくて、水が浅く浮いた場所、具体的に言うと
モウセンゴケが生えている場所にいます。
ですからハッチョウトンボを見つけるには
モウセンゴケのある場所をよく観察することです。
私の指と比べてもらえると判ると思いますが
本当に小さいです。体長が約20mmですから
1円玉とほぼ同じ大きさです。
「ありえない!」と感じられるでしょうが、
これが実際ありえるんです。

h 002_R.jpg
ウィキペディアによるとハッチョウトンボの名前の由来は
昔の地名、矢田鉄砲場八丁目
(現在の名古屋の矢田川付近と見られている)に
生息していたことかららしいのですか、
もしこれが仮に七丁目や五丁目などでは
こうはいかなかったのではないでしょうか。
八丁目からのハッチョウという響きのよさが
決め手だったのではないかと
勝手に想像してしまいます。

h 001_R.jpg
ハッチョウトンボはオスとメスを簡単に見分けられます。
オスはほとんど全身が真っ赤なのに対し
メスは黄色と黒の縞模様です。
ハッチョウトンボに限らずアキアカネやナツアカネも
このように尻尾を上げて止まる姿をよく見かけます。
太陽の直射日光で体温が上がるのを
出来るだけ避けるためのポーズらしいということを
以前何かのテレビで説明していたことがありましたが
本当のところは本人達に聞いて見なければ
わからないですよね。
今年は7月になるとすぐに現れ8月の上旬頃まで
いたようです(私の写真は7月の中旬)。
今年は最近の中では一番多く現れていたような気がします。
きっと来年もそのかわいい姿を見せてくれることでしょうから
初夏、尾瀬ヶ原に行かれる際は
是非とも見ていただきたい昆虫です。
それだけの価値は十分にありますから。
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。